金(ゴールド)かビットコインか? 投資はどっち?Intelligence Squared ⁺より

スポンサーリンク

ビットコインは持っておくといいという話はよく聞きます。’将来値上がりするから’と。それが本当かどうかはわかりませんが、投資の専門家のディベートがあったので、英語の勉強もかねて簡単にご紹介してみたいと思います。

これからの世の中、オカネってどうなるんだろう?
このまま紙幣を持っているだけで本当にいいのだろうか?
だからといって何に投資をしていいのか、よくわからない

と思っている(わたしのような)方のすこしでも参考になれば幸いです。
今回ご紹介するディベートはIntelligence Squared⁺ポッドキャスト番組からになります。

Intelligence Squared⁺とは

社会で話題となっていることについて、知的な専門家が登場するイベントにオンラインで参加でき、質問できたり、参加者同士でコミュニケーションもできるという、(ごく簡単に言ってしまうと)知的有料サービスのようです。

Intelligence Squared+

無料で聴けるIntelligence SquaredPodcastやyoutubeがあります。

Podcast - Intelligence Squared
To keep you informed, inspired and entertained we post a new podcast every Friday. Listened to by more than 400,000 people each month, our podcast showcases the...

有料サービスですが、わたしが聴いているのは無料部分のポッドキャストです。
無料だけどわたしにとっては正直充分すぎるほど勉強になります。

ディベート「ゴールドか?ビットコインか?」

そのなかでゴールドかビットコインか?という興味深いディベートがありました!

Debate: Bitcoin vs Gold with Anthony Scaramucci and Peter Schiff

音声だけはこちら↓

Debate: Bitcoin vs Gold with Anthony Scaramucci and Peter Schiff | Intelligence Squared on Acast
Since the world economy was plunged into crisis as a result of COVID-19 many economists have predicted a period of great instability. In normal times investors ...

コロナになり、経済が傾くと考えれば人は価値が変わらなさそうなもの(たとえばゴールドとか)に投資をします。お札をゴールドに換えることで、それまで持っていたの分の価値を守ろう、キープしようとするのです。昔からそうやって守りの投資は「ゴールド」でした。でも最近はビットコインに投じる人もいます。
ビットコインはインフレになったり不況になったりしても、この先ほんとうに価値が変わらず、そして上がり続けるのでしょうか?
また、ゴールドはこれからも変わらず不況の中においても安全な資産という位置に居続けるのでしょうか?

スピーカーはこの方々でした

ビットコイン派のAnthony Scaramucciです。

ホワイトハウスの広報部長に指名されたこともあったそうですが、現在はSkyBridge Capitalという投資会社を運営しているそうです。ちなみにBloombergでこんな記事も見つけました。

金も良いがビットコインはもっと有望-8200億円規模のヘッジファンド
金相場は今後1年間に過去最高値を更新する見通しであるものの、世界的な政府債務拡大の中で通貨の代替投資先を探している投資家は、暗号資産(仮想通貨)ビットコインに注目すべきだと、75億ドル(約8200億円)規模のヘッジファンド、スカイブリッジ・キャピタルが指摘した。

また、本も出版されていました。ここではAudibleをご紹介します。本人がナレーションをしています。本よりAudibleの方が移動中でも手軽に英語の勉強ができるのでとってもおすすめです。

Amazon.co.jp: Hopping Over the Rabbit Hole: How Entrepreneurs Turn Failure into Success (Audible Audio Edition): Anthony Scaramucci, Anthony Scaramucci, Audible Studios: 洋書
Amazon.co.jp: Hopping Over the Rabbit Hole: How Entrepreneurs Turn Failure into Success (Audible Audio Edition): Anthony Scaramucci, Anthony Scaramucci, Audible...

そしてアンチビットコイン派はこの方でした。

アンチビットコインのPeter Schiffです。

経済評論家、著作者、株式仲介のユーロ・パシフィック・キャピタル社の社長をされている方です。2008年の経済危機を予見したそうです。また、youtubeもやっているそうです。

Peter Schiff
Peter Schiff's Official YouTube Channel My goal is to educate my audience about free market economics and the principals and benefits of individual liberty, li...

ディベートの前の投票の結果は?

ディベートの前に参加者からの投票がありました。

  • 26%がビットコイン派
  • 38%がゴールド派
  • 35%がどちらともいえない

でした。聴いている人は比較的投資や社会情勢に詳しい人たちなのでは?と思うと世の中全体でこれからこの先、お金というものがどうなっていくのだろうか?と不透明感をもっている人が多いようです。

簡単に内容をご紹介します

ビットコインの価値 vs ゴールドの価値

ビットコイン派のAnthony Scaramucciです。

紙幣はたくさん印刷されているが、その力(購買力)を失っている。

ビットコインはブロックチェーンのおかげで知らない人同士で、誰かほかの機関や第三者の管理なしで、やり取り(支払い)ができる仕組みになっている。

ビットコインはこれから希少性も上がり(2,100万枚までしか作れないそうです)いずれその価値はゴールドを超えるだろう。

ゴールドは価値があるとみなされているからその価値が保たれているだけだ。

アンチビットコインのPeter Schiffです。

ビットコインとゴールドはそもそも属性が違う。ビットコインは数字の羅列であり色もないしモノではない。ゴールドがどうしてオカネに換わり得るかというと、ゴールドは金属でジュエリーや医薬、そのほか諸々の使い道があるから。

物々交換するのは効率が悪いので、オカネを介してモノやサービスを交換することはもっともだ。ゴールドは物々交換の媒介となっているが、一方でそれ自身で価値を持っている。

金貨や延べ棒を持っていたら100年経ってもそのまま価値がある。金属としての特性は変わらないし、今はまだない使われ方を将来はされるだろう。
だがビットコインが将来さまざまな使い方をされる可能性はない。

ビットコインが欲しい人たちは「将来値上がりするだろう」という人々の期待だけで、ビットコインを持とうとする。たくさんの人が値上がりを信じてビットコインを欲しがるから、値段が上がっているだけだ。

ビットコイン派のAnthony Scaramucciです。

ブロックチェーンのユーザー数が莫大な数に増えている。いまはURLやネットワークそのものに価値がある。例えばfacebookやAmazonはそのURLそのものに価値がある。ビットコインのネットワークも同様に多くのユーザーがいるから価値がある。

1971年にオカネがゴールドと交換されなくなり、紙幣がどんどん印刷されている。紙幣自体は紙や布で織られているだけで、ゴールドと違い紙幣そのものに価値はない。
だがビットコインは、facebookやAmazonのようにそのネットワークそのものに価値がある。

アンチビットコインのPeter Schiffです。

(Anthonyと同様)紙幣そのものに価値はなく、みんなが価値があると信じているからなだけ。
政府が「その紙で税金を支払いなさい」と決めているから価値があるだけ。
価値の源はみんなが価値がある信じているからなだけ。

それはビットコインが価値があると「みんなが信じているから」なだけと同じである。

紙幣は国家の後ろ盾があって「価値がある」と信じられている。

ビットコインはそうした政府の後ろ盾すらなく「価値が上がると信じられている」という状態にある。

デジタル通貨とビットコイン

質問「もしも英国でデジタル通貨(国内で流通しているオカネが電子化されること)が施行されることになったとしたら、ビットコインとデジタル通貨のどちらが価値を持つか?」

ビットコイン派のAnthony Scaramucciです。

通貨量の大きさからして最初は英国デジタル通貨だろうけれど、徐々にネットワークが拡がればビットコインの価値も上がると思う。通貨をデジタル化したり、AIを使うことで中国は国民への管理統制を強めようとしている。信用スコアも活用されている。(デジタル通貨への懸念)

その一方でひょっとするとゴールドを交換できるビットコインが出てくるかもしれない。

価値を貯蔵するためのいろいろな方法が選択できるようになれるようになると思う。(つまりビットコインは中国のデジタル通貨のように国民の管理統制を強めるものではないと主張)

アンチビットコインのPeter Schiffです。

紙幣が金と交換できなくなり、紙幣は購買力を失った。ビットコインも金と交換できない。紙幣はまだ政府の後ろ盾があるがビットコインに後ろ盾はなにもない。

イーロンファクター

質問「イーロン・マスクのたった1ツイートでビットコインの価格が乱高下する。ということはビットコインは安全な資産とは言えないのではないか?」

(このディベートのモデレーターがイーロン・マスクの発言でビットコインの価格が乱高下することから「Elon factor (イーロンファクター)」と言っていました。)

ビットコイン派のAnthony Scaramucciです。

そうした一言で乱高下するくらい、ビットコインは世の中へ普及している度合いとしては、まだまだ初期段階だ(つまり、これからビットコインを買ってもまだまだ値上がりする可能性があるよ!ということを言いたいようです)

アンチビットコインのPeter Schiffです。

日々これだけ乱高下するのだから、とても安定的な資産とは言えない。

環境への影響

質問「ビットコインはマイニングだけでなく、そのネットワークを保持するためにも大量の電力を必要としている。環境によくないのでは。」

ビットコイン派のAnthony Scaramucciです。

もしも(国家や銀行のような)管理体制が必要なくなり、(ブロックチェーンの)分散型に移行していけば環境にも経済的にももっと効率が良くなる。

ビットコインの採掘とトラッキングの56%は再生可能エネルギーである。世界の電力に比べてビットコインで消費している電力は大きくない。たったの3.5%だ。

それだって再生可能エネルギーを使っているし、将来は100%再生可能エネルギーでまかなわれるようになる。

アンチビットコインのPeter Schiffです。

Anthonyが説明していることはビットコインがなくても解決されうるだろう。ビットコインはたくさんの電力を使って採掘されてもそれ自体は何の価値にもなっていない。金は産出されればそれ自体がなにか別の活用法がある。

ビットコインへは、お金が流れるだけでなく人々の注目や時間も集まることになる。このビットコインバブルがはじけてすべてが無駄になるなら、最初からもっとより生産的なこと、ほんとうに成果の上がる投資へ向けていた方がいいじゃないか。リソースのムダ使いだ。

ビットコイン派のAnthony Scaramucciです。

いまは自分たちは運転免許証やパスポートでもって政府によって認められている状態である。
ブロックチェーンの世界では国家や銀行が中央集権的に人やオカネを管理する必要がなく、そのネットワークで自分達が自分達になることが出来る。皆が自由にものやサービスの取引ができて、もっと効率的になる。そのネットワークはかなり侵害されにくい。われわれ人間は、壊れやすい体制に影響を受けるもろい生き物だから、そうしたネットワークが生み出されたという事は社会はとても進化していると言える。そして、ビットコインは世界の通貨になると思う。

ディベートの後の投票の結果は?

ディベートの後に参加者からの投票がありました。

  • 32%がビットコイン派
  • 51%がゴールド
  • 17%がどちらともいえない

今回のディベートでは「ゴールド」の勝利でした。

ゴールド派の主張の方が分かり易かったという点も大きいと思います。

個人的に残った疑問と感想

個人的に疑問に残ったことがあります。

金属にはいろいろあります。プラチナ、銀、銅、その他いろいろ。

その中でどうして「ゴールド」がこんなにも「オカネ」と密接に結びつくようになったのか?他の金属じゃだめだったの?(銅貨や銀貨なんていうのもあるよね?)

どうして「ゴールド」はこんなにも選ばれし金属なの?

という所が素朴な疑問として残りました。

また、いまのお金(紙幣)がゴールドと交換できないのであれば、ビットコインでもオカネでも

「価値があるとみんなに信じられているから、価値がある」

という点は一緒なんじゃないか?ゴールドはその歴史が長く、ビットコインは歴史が短いけど。

まるで「ブランド品」のようです。

ブランド品も「機能がすごい」というより、長きにわたって商品が安定して提供されているところや、昔から有名人・著名人が使っているところから価値が高いとされているものが多いと感じます。

「歴史があるもの=価値が高い」としがちなのは何事もニンゲンの性なのでしょうか。

またビットコインは決済手段としてはとても便利なんじゃないかと思いました。銀行手数料もいらなくなるし、振込みが完了するまで待たなくてはならない。なんてこともなくなりそうです。
まだまだいろいろと掘り下げてみたい点があるので、また記事にしたいと思います。

簡単に内容をご紹介するつもりが、6,000文字前後なった長文をお読みいただきありがとうございました。

(※本記事は特定の投資をお薦めしたり、勧誘したりするものではありません。あくまでご判断はご自身でお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました